HOME > 業務内容 > 製品販売・製品サービス > 柱上トランス簡易診断装置

柱上トランス簡易診断装置

携帯用レアショートテスター DTA-Ⅱ

一般財団法人電力中央研究所殿の研究成果*を基に開発したハンディタイプの柱上トランス簡易診断装置です。
巻線外観検査、絶縁抵抗測定等では判らないサージ等の影響を受けた時に発生するレアショート(層間短絡)を簡単・迅速に診断できます。

*電力中央研究所 研究報告:H09008 周波数応答解析(FRA)による柱上変圧器線異常の簡易診断手法

正常なトランスの伝達関数は数百Hzに共振周波数がありますが、レアショート状態では同じ周波数で伝達関数が0dbとなります。これによりレアショート状態の有無を診断します。

主な特徴

1)測定モード1:レアショート検出機能(OK/NG判定)
  レアショート状態の場合NGを表示し、正常な場合OKを表示します。
2)測定モード2:複数ポイント測定
  20~9900Hzの範囲で任意の周波数帯を設定し、所定の間隔で11ポイント測定します。
  測定結果として11ポイント中最も伝達関数の低い周波数と、11ポイントの伝達関数を表示します。
3)測定データのストア/リコール機能
  上記測定データを各モード30件保存/呼び出し出来ます。
  保存の際キー操作により英数字で名称を入力できます。

主な仕様

単相100kVAまでのトランス測定可能
サイズ W81×H141×D40mm(突起部含まず)
重 量 350g(電池含む)
表示部 LCD(12文字×2行)
付属品 シリコーンケース、ニッケル水素充電池(単三型二本)、充電器、ストラップ、テストリー
その他 ・連続動作時間4時間
・オートパワーオフ機能
・バッテリ電圧低下時にLCDにアラームを表示
  • 販売価格:オープンプライス
  • 納  期:ご注文後約2週間(ご注文の状況によりもう暫く日数を頂く場合がございます)
お問合せは
こちらから
営業時間: 平日8:40〜17:20
株式会社 電力テクノシステムズ
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-1-1
電話: 044-967-0151 FAX:044-967-0152

このサイトは、株式会社電力テクノシステムズのコーポーレートサイトです。

免責事項
弊社では、予告なく随時当ホームページ上の内容を変更、修正もしくは改良し、または当該内容を削除することがあります。
これらはお客様および取引先ご利用者が当ホームページをご利用になる際に重要な事ですので随時、最新のものをご確認下さい。